に投稿

二つの手芸フェアとバルト三国&フィンランド9日間

タリン・セントマーティンフェアの様子

毎年開催されるエストニアとフィンランドの二大手芸フェアに訪れるツアーです。
このフェアは諸外国からたくさんの人が訪れるほど人気のフェアですよ!手工芸作品、材料、手芸本など、一部お得なフェア価格で販売しています。
二つのフェアの他にも、リトアニアの世界遺産「十字架の丘」、ラトビアのルンダーレ宮殿やタリン、リガ、ヘルシンキでの観光 、ワークショップやアウトレットなどショッピングもお楽しみいただけます!

 

タリン・セントマーティンマーケット、去年の様子はこちら ↓
https://finngate.wordpress.com/2018/11/09/st-martins-fair/

タンペレ・手芸フェアのホームページはこちら ↓
https://www.kadentaidot.fi/en/

 

スケジュール

日時 スケジュール 食事
11/9 (土)

成田発ヘルシンキへ

ヘルシンキ着後、ホテルへ

 

宿泊:〔ヘルシンキ〕ホテル・ヘルカ泊

昼:機

 

夕:x

11/10 (日)

早朝、バスにてフェリーターミナルへ

フェリーにてタリンへ(約2時間)

タリン着後、バルト三国最大の手芸フェア、セントマーティンマーケットにご案内いたします。(入場料含)

ショッピング、ワークショップなどご自由にお楽しみください。
*ワークショップ参加料金は別料金となります。

宿泊:〔タリン〕ヘスティア・マエストロ泊

朝:○

 

昼:x

夕:○

11/11 (月) 午前 タリン旧市街観光(徒歩)

 

午後 バスにてリガへ(所要約4時間)

 

宿泊:〔リガ〕ヘスティア・ユーゲント泊

朝:○

 

昼:○

夕:○

11/12 (火) 午前 セナークレーツにて編み物ワークショップ

 

午後 リガ旧市街観光(徒歩)

 

宿泊:〔リガ〕ヘスティア・ユーゲント泊

朝:○

 

昼:○

夕:x

11/13 (水) 終日 リトアニアの世界遺産「十字架の丘」とラトビア・ルンダーレ宮殿観光

 

 

宿泊:〔リガ〕ヘスティア・ユーゲント泊

朝:○

 

昼:○

夕:○

11/14 (木) 朝、バスにてタリンへ(所要約4時間)

 

途中、パルヌにて昼食休憩

夕刻、フェリーにてヘルシンキへ(約2時間)

ヘルシンキ着後、バスにてホテルへ

宿泊:〔ヘルシンキ〕ホテル・ヘルカ泊

朝:○

 

昼:○

夕:x

11/15 (金) 朝、バスにてタンペレへ(片道所要約2時間)

 

ヨーロッパ最大と言われる手芸フェアに参加します。

ショッピング、ワークショップなどご自由にお楽しみください。
*ワークショップ参加料金は別料金となります。

バスにてヘルシンキへ。

夕刻、ヘルシンキ着

宿泊:〔ヘルシンキ〕ホテル・ヘルカ泊

朝:○

 

昼:x

夕:○

11/16 (土) ヘルシンキ観光とショッピング

 

マリメッコアウトレット、イッタラ・アラビアセンター経由、空港へ

朝:○

 

昼:○

夕:機

11/17 (日) 朝 成田着。

 

通関手続き後、解散。

 

旅行企画実施 株式会社ジャルパック
観光庁長官登録旅行業第705号
〒140-8658 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
日本旅行業協会正会員

※詳しい旅行条件を記載した書面をお送りいたします。事前にご確認の上お申込みください。

旅行代金   368,000円

(2名1室利用の場合、大人おひとり様あたり)

●燃油サーチャージは旅行代金に含まれます。
●国内空港施設使用料、旅客保安サービス料、国際観光旅客税、海外空港税が別途必要となります。
●1名1室利用の場合は追加料金が必要となります。
 【シングルルーム利用】45,000円
●添乗員は同行しませんが、現地で日本語の係員がご案内します。
●最小催行人員15名、最大20名。ワークショップに人数制限がございますので、定員達し次第締め切りとさせていただきます。
●利用予定航空会社/日本航空(エコノミークラス利用)
●利用予定ホテル/ヘスティアマエストロ(タリン)/ヘスティアユーゲント(リガ)/ホテル・ヘルカ(ヘルシンキ)

お申込み・お問合せは、受託旅行会社/株式会社Jトラベルセンター
〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル3F 東京都知事登録旅行業2-5961号

03-5777-4884(担当/高野さんまで)

受付:9:30~18:00(月~金)


に投稿

職業訓練校

フィンランドの職業研修プログラム

お客様のご要望に応じて研修プログラムを手配いたします。

プログラム例

職業研修1日コース(約7時間)

  • フィンランドの教育システムについての講義
  • 職業学校の指導
  • 職業学校訪問
  • その他、参加者の希望に応じた講義を行うことも可能です。
    (要事前手配)
 1日研修プログラムに含まれるもの
  • 職業教育専門家による講義
  • 職業学校訪問
  • 昼食
  • 交通費
  • 通訳

 

職業学校半日コース(約3時間)

  •  フィンランドの教育システムの講義
  • 職業学校の指導
  • 職業学校現場訪問
 半日研修プログラムに含まれるもの
  • 職業教育専門家による講義
  • 職業学校訪問
  • 交通費
  • 通訳

 

その他、ご質問などございましたらinfo@finngate.fiまでお問い合わせくださいませ。

に投稿

生涯学習センター

 

フィンランドは人口530万人の小さな国です。

小さな国ゆえ、地方自治体の取り組みにも工夫されており、学校に診療所など公共機関を同じ施設に設けたり、学校の放課後の空き教室を利用して、子供や大人のための習い事が開かれたりと公共スペースを有効利用しています。

フィンランドでは公共機関が大人の習い事を企画・手配し、公共施設で開催されることが多く、安価で受講できます。

習い事の例:

  • 手芸
  • パソコン
  • 芸術
  • 語学
  • 講義
  • 料理

夏季(6〜9月上旬)、冬季(12月)は長期休暇のため視察することはできません。

 

その他、ご質問などございましたらinfo@finngate.fiまでお問い合わせくださいませ。

に投稿

図書館

フィンランドは図書館の利用率世界一と言われています。

最近では地域の人がより利用しやすいよう、ショッピングセンターに図書館を併設するなどの工夫がされています。

フィンランド国立図書館

 

フィンランドの図書館は本の貸し出しだけでなく、音楽の演奏、裁縫、工作ができるスペースがあったり、また地元の人たちとの交流を深めるため、図書館では色々なイベントが開催されます。
例えば、外国人向けのフィンランド語会話、子供向けのゲームクラブ、編み物クラブなど様々で、そのほとんどが無料で参加できます。

 

ご質問などございましたらinfo@finngate.fiまでお問い合わせくださいませ。

 

に投稿

現地校訪問

学力世界一としてメディアに取り上げられるフィンランド。

どのような教育システムなのでしょうか。フィンランドにおける一般的教育システム、教育カリキュラムの工夫、語学教育、教師育成、いじめ対策など、世界一の秘訣を探っていきます。

 

施設訪問先の例(施設訪問は平日に限ります)

  • 学校訪問(小・中・高校、ポリテクニック、大学など)
  • 特別科目のある小・中・高校(芸術、スポーツ、英語など)
  • 生徒たちの放課後(塾もない、学校に部活動がない、日本とは違う過ごし方)
    Nuorisotalo, Tyttöjen talo訪問(放課後に学生が集まる施設)
  • 障害者との共生教育施設

 

その他、ご質問などございましたら info@finngate.fi までお問い合わせくださいませ。

に投稿

児童福祉

福祉国家と言われる北欧、フィンランドの児童福祉施設を訪問します。

どのようなシステムなのか、どのようなサービスを受けられるのか、実際に施設に訪問し学んでいきます。

 

児童施設訪問先の例(施設訪問は平日に限ります)

  • ネウヴォラ
    妊娠から未就学の子供はNeuvolaネウヴォラ(診療所)に定期的に通います。(無料)
    また、家族計画について(不妊治療や避妊)の相談もできます。
    出産までの記録やアドバイスはネウヴォラで、出産する時は地域の出産専門の産科病院に赴きます。首都圏では現在、女性クリニック(ヘルシンキ)とヨルビ病院(エスポー)のみ、出産できる産科病院です。
  • 児童施設
    保育園や子育てクラブなど
  • レイッキプイスト
    ヘルシンキ運営による有人公園。夏季は子供達に無料で昼食が配られます。
    未就学の児童、そして小学生の放課後の遊び場として利用されます。

 

その他、ご質問などございましたら info@finngate.fi までお問い合わせくださいませ。

に投稿

高齢者福祉

フィンランドの福祉視察についてご案内します。

日本は二世帯で同居する家庭が多いですが、フィンランドは親と同居する家庭は殆どありません。

介護の必要な高齢者は、在宅介護のサービスを受けるか、重度の場合は医者の診断書のもと、老人ホームに入居することができます。

リビングルーム

とある老人ホームをご紹介します。

この施設は公共の施設です。こちらには住む人もいますし、通う人もいます。

通う理由はさまざま。デイケアーのサービスを受ける人もいれば、そうでない人もいます。

この施設は入居者のためだけの施設でなく、多くの人たちが楽しめるコミュニティセンターでもあります。

上は手芸室にある機織り機。

手芸室には自由に入ることができ、好きな時に好きなだけ手芸に打ち込むことができるので、そのために通う人もいます。

手芸室の機織り機の後ろの壁には、作品がいくつか飾られています。

かぎ針で編んだ、ブランケットもありますね。

また、施設内に図書館もあり、本を借りに通う人もいます。

図書室は、歴史の本が人気があるそうです。

そして体を動かすためにジムに通う人も。ジムは広く、色々な設備が整っていました。

インストラクターもいるそうで、利用者にアドバイスしています。

グループルームは主に施設に通っている人向けに解放しています。

プールの大きな窓からは外の自然が広がっています。

利用可能時間内であれば泳ぐことができます。もちろん、リハビリにも利用されます。

こちらのリビングは住居者用。

天井からヒンメリ(藁を使って作る、フィンランドのモービル)が素敵です。
きっと、ここに通う方々が作ったのでしょう。

そして、ベランダには色々な種類のハーブなどが栽培されていました。

こちらは最近始めたそうですが、老人たちに人気があり皆成長を楽しみにしているそうです。

この椅子はアルテックのドムス。さりげなく使われているところがおしゃれですね。

http://www.artek.fi/products/chairs/290

この休憩室では施設で働く人たちと入居者、訪問者と一緒にコーヒーブレイクをとるコミュニケーションの場だそうです。
色々な話をしてお互いもっとよく知ったり、昔の知恵などを教えてもらったりなど話題は絶えないそうですよ。

福祉視察では、フィンランドの福祉制度の基礎知識の講習会や、老人ホーム訪問をご案内しています。

ご希望の方は、info@finngate.fiまでお問い合わせください。

に投稿

企業インテリア

フィンランドの企業のインテリア視察をご案内します。

フィンランドの企業を訪問し、インテリアデザイン・レウアウトや、働きやすい環境作りや工夫を担当者から伺ったり、またオフィス家具販売店訪問など、お客様のご要望に応じた内容を見学しながら学ぶことができます。

 

広々とした空間

シンプルなデザイン

 

その他、ご質問などございましたら info@finngate.fi までお問い合わせくださいませ。

に投稿

幼児教育

フィンランドの児童教育関連施設に視察訪問します。

(視察先により受け入れ人数が制限される場合もございます。)

 

視察先の例:

  • 公立保育園
  • シュタイナー教育施設
  • モンテッソーリ教育施設
  • ログハウス保育園
  • 高齢者施設と保育園の共生型施設
  • レイッキプイスト(ヘルシンキ市運営による有人公園)、公園おばさん
  • 遊具、おもちゃ工場見学
  • 子育て、子供クラブ(屋内、屋外、森で過ごすクラブなど)
  • 図書館の子供向けイベント(人前で読むのが苦手な子供が犬に読み聞かせるクラブなど)

 

その他、ご質問などございましたら info@finngate.fi までお問い合わせくださいませ。

に投稿

労働環境

DNA talo photo by sttinfo.fi

フィンランドの職場の環境について、ご紹介いたします。

フィンランドでは教育においても、仕事においても、”人材育成”が一番大きな鍵という考えがあります。

教育は人材育成に力を入れようと、90年代初めに教育の大改革をしました。
その理由として、その時代はちょうどソ連崩壊の影響でフィンランド経済危機に陥り、失業率が20%という大不況に見舞われていたこと。そして、フィンランドには森と湖以外頼れる資源がないということから人材育成に投資し始めました。
学生だけでなく、社会人も常に学ぼうという姿勢が見受けられます。

 

広いエントランス

共有スペースにあるカフェテリア。

ガラスで仕切られているため清潔感・開放感がある

職場においても、能力向上のために社員に定期的に講習会や、社員のモチベーション向上のための勉強会を開く会社が多く、社員がより働きやすい職場を作ろうと、雇用主も会社の環境には十分配慮しています。
働く環境の改善により、社員の能力や集中力が向上し仕事の効率が良くなることでしょう。

この視察ではフィンランドの企業を訪れ、フィンランドの労働環境、就業規則などを学びながら、オフィス、食堂、コミュニケーションスペース、ミィーティングルームなど視察します。

 

その他、ご質問などございましたら info@finngate.fi までお問い合わせくださいませ。