投稿日:

ガッレン カッレラ美術館 Gallen-Kallelan Museo

ヘルシンキとエスポーの境に佇む、ガッレンーカッレラ美術館。

ガッレンーカッレラはフィンランドを代表する画家の一人です。
フィンランドの民族叙事詩、カレワラを題材にした作品を多く残し、フィンランド博物館のフレスコ画は彼の代表作の一つです。

ガッレンーカッレラ自身がデザインし、建築した家だそうです。小さなお城のようですね。

http://www.gallen-kallela.fi/en/

すぐ隣にはカフェ・タルヴァスパーあります。

https://www.tarvaspaa.fi

カフェのある建物は海側にあるので、ラーヤラハティ湾が望めますよ!

カフェ。夏季はテラス席もあります。

庭は綺麗に手入れされていて、バラなどの花がたくさん咲いていました。
周りは森に囲まれているので、ブルーベリーやラズベリーも収穫できましたよ!

ヘルシンキとエスポーの境。この浮橋を渡りました。思ったより揺れません!

ガッレンーカッレラ美術館はエスポー側にありますが、ヘルシンキのトラム4番から散歩がてら歩いて来れます。

トラム4番終点近辺は高級住宅街で、海に面して公園歩道が整備されており、大きな家が立ち並んでいます。

美術館内は撮影可。(フラッシュ不可)

こちらは塔の最上階。古い家具もそのままです。

こちらは一階、リビングルーム。
他、彼の人生・経歴が書かれたボードのある部屋、マンネルヘイム(フィンランドの首相)やシベリウスなどフィンランドの歴史上人物との交流した展示などがあります。

大きなソファーや椅子があり、くつろげますね。(笑)

美術と自然、海を満喫したい方におすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です